今村行政書士事務所は、化粧品薬事コンサルティングを専門としています。

化粧品薬事コンサルティングの今村行政書士事務所

Call:03-5394-1517

〒170-0012 東京都豊島区上池袋1-32-20-212

ブログ

CBDビジネスに関するセミナーに参加

2019年8月31日

8/6(火)に、㈱薬事法ドットコム主催の“CBDビジネスに関するセミナー“に参加しました。

CBD(カンナビジオール)とは、大麻草の成熟した茎と種子から抽出され、うつ病、睡眠障害、痛み、炎症等に効果があることが知られています。精神作用がないため、日本では大麻取締法の規制の対象外です。最近では、種々の効果を期待して、化粧品、入浴剤、外用剤、サプリメント、電子タバコなどに配合されています。

一方、THC(テトラヒドロカンナビノール)は、大麻草の花穂や葉から抽出され、精神作用があるため、日本では大麻取締法の規制の対象となります。

問題なのは、CBDに微量のTHCが含まれる可能性があるということです。アメリカでは0.3%までOKとなっているようですが、日本での規制について、今後の動向を注視する必要があります。

 


カテゴリー: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今村行政書士事務所

所長 今村彰啓

〒170-0012
東京都豊島区上池袋1-32-20-212

TEL 03-5394-1517
FAX 03-5394-1517

このページの先頭へ